【琉球料理】「沖縄料理」おばあちゃん直伝!中身汁の作り方

2 min 375 views
中身汁

**沖縄の伝統料理『中身汁』:豚の内臓(モツ)の奥深い味わいが広がる郷土の味**

沖縄料理の中身汁

**独自の食文化を伝える「中身汁」**

沖縄県は、個々に特徴的な食文化を有していますが、その中でも「中身汁」として知られる料理は、地域の伝統と風味を象徴するものです。この郷土料理は、豚の大腸や小腸、胃などの内臓を使用し、すまし汁仕立てで簡素ながらも深みのある味わいを生み出します。また、「中身汁」は別名「中身の吸い物」とも呼ばれ、沖縄の食卓に欠かせない一品となっています。

**清涼感ある味わい**

豚の内臓(モツ)を使用するという特異な食材にもかかわらず、「中身汁」はそのさっぱりとした味わいで注目を集めています。鰹出汁を基にした清々しい風味が広がり、食材の本来の風味や旨みが引き立てられます。豚の内臓を繊細な味付けで調理することで、その深い旨みを楽しむことができる点が大きな特長と言えるでしょう。

**名前の由来と文化的意義**

「中身汁」という名前は、料理の主要な材料である内臓から由来しています。内臓は「中身」とも呼ばれ、それが「汁」として料理全体に融合した名前となっています。この料理は、食材を無駄なく活用し、内臓の部位を通じて豊かな味わいを楽しむという、沖縄の食文化の一環として成立しています。

**特別な意味を持つ料理**

「中身汁」は、沖縄の食卓において特別な意味を持つ料理です。伝統的には、家族や地域の大切な行事や祝いの席で供されることが多く、正月やお盆、結婚式などの特別な日に食べられることが多いです。これによって人々の絆が深まり、感謝の気持ちが表現される役割を果たしています。

**伝統と現代の融合**

「中身汁」は、古来からの伝統を受け継ぎながら、現代にも受け継がれています。地域のレストランや家庭で受け継がれるだけでなく、新たなアレンジや地域の特産品を組み合わせることで、伝統と現代の融合を感じさせる料理として進化しています。

**まとめ**

「中身汁」は、豚の内臓の奥深い旨みと沖縄独特の食文化が結びついた、郷土の味わい深い料理です。豚の内臓を用いることで、内側から沖縄の食文化や人々の絆を感じることができます。その歴史と風味を楽しむことで、沖縄の食の魅力と文化の深さに触れてみてください。

材料 (10人分)

 中身(豚のモツ)  450g

 豚の肩ロース    250g

 干し椎茸      10枚 (動画では4枚だけど)

 こんにゃく     150g

 生姜        適量

 ネギ        適量

 

 かつお節      60g

 塩         小さじ2

 醤油        大さじ1

 酒         大さじ3

作り方

材料の紹介 中味汁 琉球料理 沖縄料理 お盆
正月

材料の紹介

中味汁 琉球料理 沖縄料理 お盆
正月

まず、最初に干し椎茸を12時間水で戻します。

中味汁 琉球料理 沖縄料理 お盆
正月

中味を塩で揉み洗います。(塩で揉み臭みぬめりを取る)

中味汁 琉球料理 沖縄料理 お盆
正月

3枚肉は長ネギと生姜で臭みをとる

中味汁 琉球料理 沖縄料理 お盆
正月

こんにゃくは水あらいをする

中味汁 琉球料理 沖縄料理 お盆
正月

干し椎茸は、千切りにする。戻し汁は捨てずに取っておく

中味汁 琉球料理 沖縄料理 お盆 正月

豚肉も写真のように切る

中味汁 琉球料理 沖縄料理 お盆
正月

中味汁 琉球料理 沖縄料理 お盆
正月

今までの材料を全部入れます。モツ・こんにゃく・豚肉・椎茸、椎茸の戻し汁・鰹出汁・豚の茹で汁

酒・塩・醤油で味を整える。

中味汁 琉球料理 沖縄料理 お盆
正月

器に入れたらネギを入れ完成です。

1️⃣ 干し椎茸を水でふやかす。

 2️⃣ ボイル中身モツの物を塩でモミ、臭み・ぬめりをとり良く洗う

 3️⃣ 鍋で中身(モツ)を茹でる。120分

 4️⃣ 豚の肩ロースをゆでる。(茹で汁は捨てない)

 5️⃣ 水900ccに対して60gでかつお節汁を作る(かつお風味を強くする為)

 6️⃣ ふやかした干し椎茸を千切りにする。

 7️⃣ 茹でた肩ロースは短冊に切る。

 8️⃣ 中身(モツ)を鍋に入れ、干し椎茸・肩ロース・こんにゃくを入れ、かつお汁・干し椎茸の戻し汁・肩ロー  スの茹で汁を加え、塩で味を調整する。

 9️⃣ 最後に器に入れ生姜・ネギを入れ完成です。  

沖縄料理ランキング
沖縄料理ランキング

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です