沖縄県民が作る6つのチャンプルー「ソーメンチャンプルー」編

2 min 172 views
沖縄料理のソーメンチャンプルー

ソーメンチャンプルーは沖縄の伝統的な家庭料理です

沖縄料理のソーメンチャンプルー

「チャンプルー」とは、様々な具材を組み合わせて炒める料理のことです。

みなさんご存知かもしれませんが、これは沖縄の方言(うちなーぐち)の「ちゃんぷるー:ごちゃ混ぜ」という言葉に由来します。

ソーメンチャンプルーは、さっと茹でたそうめんに、ツナ、ニラなどの香味野菜を合わせてフライパンで炒めて作る料理です。混ぜる具材は、各家庭や地域で様々なバリエーションがあります。シンプルな炒め料理ですが、そうめんにツナや野菜の旨みがよく絡んで一体感のある深い味わいが特徴です。

そうめんというと夏のイメージがあるかもしれませんが、沖縄では一年を通してよく食べられています。

ソーメンチャンプルーの歴史

実は、ソーメンチャンプルーは、食糧不足のときに、保存が効くソーメンに加えて、身近で手に入る食材を組み合わせて工夫して食べていたことから生まれた料理です。その後、様々な具材を加えて作るようになり、今でも沖縄の一般家庭では普段から美味しく食べられています。ソーメンチャンプルーは、歴史と文化を感じる料理です。

最近は沖縄料理を提供する居酒屋なども増えてきました。

地元沖縄ではレストランで提供される他、地域のイベントなどでも楽しまれ、沖縄の食文化の一部として観光客にも親しまれています。

今回は、そんな沖縄料理ソーメンチャンプルーの美味しい作り方をご紹介します。

材料 (2人前)

 ソーメン  2束 (手延べ)

 シーチキン 1缶 (マグロ)

 玉ねぎ   1/2個

 ニラ    1束

 人参    1/4本

 だしの素  1/2袋

 醤油    大さじ1

作り方

1️⃣ 人参は千切り、玉ねぎはスライスにします。

2️⃣ ニラは、3cmぐらいに切ます。

3️⃣ 適量の水を沸騰させます。

4️⃣ 3️⃣を準備している間に人参、玉ねぎを炒めます。

5️⃣ 沸騰したお湯にそうめんを30秒茹でます。(時間は守ってください。)

6️⃣ 茹でたそうめんをザルに入れ冷水で冷まします。

7️⃣ 4️⃣で炒めた人参、玉ねぎの中にそうめんを入れ炒めます。ニラも入れて下さい。

8️⃣ だしの素と醤油を入れ完成です。

沖縄料理ランキング
沖縄料理ランキング
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です