【1分で分かる沖縄料理】総集編 5種類の沖縄料理がでます。かんたん料理!(ナーベーラー/人参しりしり/豆腐チャンプルー/ゴーヤーチャンプルー/フーチャンプルー)

2 min 78 views
1分でわかる沖縄料理の総集編

一分間でわかる沖縄料理総集編

①ナーベーラーンブシー

ナーベーラー(へちま)は、4月~9月に収穫されるゴーヤーに次いで沖縄の代表的な夏野菜です。

やわらかい口当たりとほんのりした甘みが特徴的です。

有名な家庭料理は「ナーベーラーンブシー(へちまの味噌炒め)」と呼ばれ、煮込み料理と汁物料理の中間的な位置付けになります。

ポークや豆腐を入れて、味噌で味付けをするシンプルなレシピです。

へちまの水分で煮込むように炒めるため、水を加えずに煮込み料理が作れるのが特徴です。

②人参しりしりー

細かくすりおろした人参を卵で炒める、超簡単な沖縄の家庭料理。

「しりしりー」とは、おろし金(通称:しりしり器)で人参をすりおろす時の「すりすり」という動作を、沖縄の方言に置き換えて「しりしりー」と呼ばれています。

人参と卵という、どこでも手に入る食材で作ることができて栄養価も高い料理です。

見た目が色鮮やかで手軽な料理という点から、最近は他県でも浸透し始めています。

皮をむいた人参に、溶き卵とツナを入れて炒めるシンプルなレシピです。

③豆腐チャンプルー

チャンプルーは沖縄の方言で「混ぜる」を意味しています。主に、島豆腐と季節野菜を使い、沖縄県民に長くから愛されてきた手軽な家庭料理です。沖縄の島豆腐は食感がしっかりしているため、ボリューミーな料理となり、ご飯との相性も抜群です。

基本的に本だしと醤油というシンプルな味付けで、豆腐からタンパク質が摂れることが特徴です。

美味しくいただくポイントは、炒める際に豆腐をあまり触りすぎず、じっくり焼き目をつけることです。

④ゴーヤーチャンプルー

ゴーヤーは、だれもが知っている沖縄を代表する夏野菜です。使われる主な食材はゴーヤーのほかに、ポーク(または豚肉)、卵、本だしです。

ゴーヤーはビタミンCやミネラルが豊富のため、夏バテ防止にもってこいの栄養満点の沖縄家庭料理です。

本来は苦味があるゴーヤーですが、ポークなどのお肉や油とともに炒めることで苦味が軽くなり、お子さまでも食べやすくなるのが特徴です。また、ご飯のおかずやお酒の肴にも多くの沖縄県民から愛されています。

⑤フーチャンプルー

ゴーヤーチャンプルーと同様、野菜を使った沖縄の家庭で愛されている炒め料理です。

お肉ではなくお麩(主に、くるま麩)を使い、ポークやお肉、ニラ、卵とともに炒めます。

この料理は、水で戻したお麩を卵液にするためです。お麩は低糖質・低脂質でありながら高タンパクのため、古くから貴重な食材として沖縄で愛用されてきました。野菜とともに食べることにより栄養バランスのとれた食事として、家庭や地元の飲食店で馴染みのある料理です。

今回の動画は YouTube ショートの動画をまとめた物です。 一度に見れて嬉しい動画になっています。 これを機会に沖縄料理を知ってもらえたらとっても嬉しいです。 高評価&チャンネル登録してくれたら励みになります。

沖縄料理ランキング
沖縄料理ランキング にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です