沖縄料理の簡単すぎるポーク玉子の作り方

2 min 79 views
沖縄料理のポーク玉子

名称と由来

沖縄料理のポーク玉子

表記は「ポーク玉子」が最も一般的だが、店によっては「ポークたまご」「ポーク卵」「ポークとたまご焼き」あるいは単に「玉子焼き」などと記載されていることもある。 なお、沖縄の家庭料理における「玉子焼き」とは、本土でイメージされるような四角く巻いて整形した卵焼きではなく、丸いフライパンで大雑把に焼いた薄い玉子焼きを意味することが多い。

したがって「ポーク玉子」という名称で、和風の卵焼き、だし巻き卵、典型的なスタイルは、1cmほどの厚さにスライスして両面を焼いたポークが2 – 3枚、折り畳んだ薄焼き卵にケチャップかけ少量のキャベツの千切りが一枚の皿に盛られ、ご飯と汁物がつく。

たまご焼きやポークに味付けはなく、トマトケチャップが添えられることが多い。沖縄のほとんどの大衆食堂に存在するメニューであり、たいていは食堂で最も安い定食の一つである。

また、沖縄県の弁当屋やコンビニでは、ポーク玉子のおむすび(ポーク玉子おにぎり)が定番となっている。薄焼き卵とポークを海苔とごはんでサンドイッチにしたもので、味付けにはアンダースーなどが用いられる。

近年では観光客をターゲットとした「ポークたまごおにぎり」の専門店も登場し、沖縄の新名物として行列がみられるほどの人気となっている。

沖縄県では、第二次世界大戦後の領土時代に米軍によって持ち込まれた缶入りポークランチョンミートが、「ポーク」という略称で一般家庭の食材として定着し、味噌汁の実やチャンプルーなどさまざまな料理の素材として用いられるようになった。そういった中で、ポークを薄切りしたものを焼き、これと玉子料理を惣菜にするというのは、ごくありふれた食事風景であった。これをそのまま食堂のメニューにしたものが「ポーク玉子」である。

Wikipedia

ポーク玉子の材料(1人分) 

             卵     2個

ポークランチョンミート(スパム)   3枚

       キャベツの千切り    適量

          プチトマト    3個

          ケチャップ    適量

沖縄料理ランキング
沖縄料理ランキング
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です