沖縄料理の人参しりしりの作り方

1 min 68 views
沖縄料理の人参しりしり

歴史・由来

沖縄料理の人参しりしり

歴史・由来・関連行事として「人参シリシリー」は、“シリシリ器”(大きな付き穴のおろし金)でおろした人参を炒めて卵でとじた料理です。                                         沖縄県全域の家庭料理として知られ、他県でも家庭料理として浸透しつつある。「シリシリー」とは、「すりおろす動作」、すりおろす時の音の「すりすり」を表す沖縄県の方言です。県内では、専用の“シリシリ器”という大きなおろし金のような道具を使い、ニンジンをおろして使うがシリシリー器がない場合は千切りにする。                                          シリシリ器は、ほとんどの家庭の台所にあると言われている。                       「人参シリシリー」は、ニンジンと卵というシンプルな常備食材で手軽に作れ、彩りが美しく、さらに栄養面でも優れていると言われています。                                            炒めることでニンジンの甘みを生かし、卵でとじることから独特の臭みを感じにくい仕上がりになるため、大人はもちろん子どもでも食べやすいのが魅力です。                               ちなみに、人参の消費量は日本1を誇っています。

人参しりしりの材料 (4人分)

人参    4本

ツナ    1缶

卵     3個

砂糖    大さじ2

醤油    大さじ2

だしの素  1/2袋

作り方

1 まずは、人参4本を千切りスライサーでスライスします。

2 フライパンに大さじ1の油を入れ卵3個を炒り卵にします。

3 続いてシーチキン(ツナ)を炒め千切り人参を加え炒めます。

4 醤油・砂糖・だしの素を加え最後に玉子を加えて炒めます。

5 しんなりするで炒めたら完成です。

一言:砂糖が決めてです。(甘くて美味しいです。)

沖縄料理ランキング
沖縄料理ランキング

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です