【1分で分かる沖縄料理】ナーベーラーの味噌炒めの作り方

1 min 77 views
沖縄料理のナーベーラー

ナーベーラーの由来

沖縄では「ナーベーラー」とよばれるが、これは果実の繊維を鍋洗い(なべあらい)に用いたことに由来するという なお、中国から渡来した黒胡麻、通称黒芝麻(hei zhima) がヘチマと聞こえること、沖縄にはゆでた糸瓜に黒芝麻(ヘチマ)をかけたナーベーラー田楽という料理があることなどから、呼称違いではないかという説もある。

夏場によく食べられます。

我が家では、よく夏場にナーベーラーの味噌炒めを食べています。

夏バテに最適です。(多分)とろとろの食感と味噌味がマッチして最高です。

ナーベーラーの作り方(2人前)

ヘチマ     1本

スパム     1/4個

島豆腐     1/2丁

味噌      大さじ2

だしの素    1/2袋

沖縄料理ランキング
沖縄料理ランキング
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です