沖縄県民が作る6つのチャンプルー「ゴーヤーチャンプル」編

2 min 131 views
沖縄県民 ゴーヤーチャンプルー

沖縄の夏を彩るゴーヤーチャンプルーとアバシゴーヤーの魅力

沖縄料理のゴーヤーチャンプルー

沖縄の夏は、新鮮な食材と独自の料理が楽しまれる季節です。その中でも、「ゴーヤー」は夏バテ予防や健康維持に欠かせない存在です。暑さ対策として、沖縄県民は毎日のようにゴーヤーを摂り入れることで知られています。

ゴーヤーは、その苦味が特徴的ですが、調理方法や品種によって苦味を程よく引き立てたり、抑えたりすることができます。その中でも、「アバシゴーヤー」という品種は、名前の通り苦味が少なく、多くの人にとって食べやすい選択肢となっています。

**伝統の味、ゴーヤーチャンプルー**

ゴーヤーチャンプルーは、沖縄料理の中でも特に愛される一品です。ゴーヤーを薄切りにし、豚肉や卵などと炒め合わせることで、独特の風味と栄養が詰まった料理が完成します。アバシゴーヤーを使用することで、ゴーヤーの苦味が穏やかに広がり、食べやすさが向上します。

**アバシゴーヤーの秘密と、伝統のゴーヤーチャンプルー**

アバシゴーヤーは、「あまいゴーヤー」という名前が物語る通り、苦味が少なめの品種です。このアバシゴーヤーを使用したゴーヤーチャンプルーは、苦味を気にせず楽しめるだけでなく、その甘みと風味が料理に深みを加えます。

**沖縄料理の多彩さと、ゴーヤーチャンプルーの夏の味わい**

沖縄料理の幅広いバリエーションの中でも、ゴーヤーチャンプルーは特に人気が高い一品です。夏の暑さをしのぐためにぴったりの料理であり、アバシゴーヤーの優しい味わいが、暑い季節にぴったりの一皿を作り上げています。

早速ゴーヤーチャンプルーがどんなものか見ていきましょう。

材料 (2人前)

ゴーヤー  1本

豆腐    1/2丁

卵     2個

スパム   1/3個

醤油    大さじ1

だしの素  1/2袋

作り方

下ごしらえ

1️⃣ 最初にゴーヤーを縦にカットして中の白いワタを取り除き、薄くスライスします。

2️⃣ 豆腐を1口大に手でちぎります。(味が染み込みやすくなる為)

3️⃣ スパムは短冊の太めでカットします。

4️⃣ 卵は2個をといておきます。

  • まず、最初に卵を炒り卵にします。
  • 豆腐から炒め、皿など移しておきます。
  • スパムを炒めゴーヤーを加えていきます。
  • 100ccの水を入れ5分程蒸します。
  • だしの素を入れます。
  • 醤油を加え豆腐を入れます。
  • あとは、皿に盛り付け完成です。
沖縄料理ランキング
沖縄料理ランキング
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です